編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

ホワイトペーパー

社内ネットワークの帯域逼迫を解決!旭化成が採用したリモートワークで不自由なく業務が可能なIT環境とは

ヴイエムウェア株式会社(NSX) 2021-04-26

Microsoft 365などSaaSの利用に加えて、リモートワークの拡大によって、多くの企業で社内ネットワークの通信帯域の逼迫が大きな問題になっている。また従来の回線ではWAN回線や機器が可視化できないため、不具合が報告されても、手の打ちようがないことがほとんどだ。

本資料では、これらの解決のために、国内約340拠点、3万人が使う社内ネットワークの「VM ware SD-WAN by VeloCloud」への切り替えを進める旭化成について、導入の経緯やそのメリット、今後の展開などについて解説している。

社内ネットワークの帯域逼迫に悩む企業は、ぜひご一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]