ホワイトペーパー

事業改革はじめの一歩--破壊的創造をもたらすデジタル・トランスフォーメーション推進の鍵はデータ活用

日本マイクロソフト株式会社(SQL Server) 2016年11月08日

デジタル化の巨大な波でビジネスのあり方も、大きく変わりつつある。デジタルを武器に、既存ビジネスモデルを破壊するような企業も台頭しています。
これらデジタル化による変革は「デジタル・トランスフォーメーション(事業変革)」とも呼ばれ、規模や業界の違いを問わずあらゆる 企業に変化を求められているのです。

デジタル・トランスフォーメーションで鍵となるのが、「データの活用」。聞き慣れない印象かもしれませんが、実はデータ活用は、決して縁遠いものではない。 毎日当たり前のように接している「いつ売れたか」「どんな年齢層の顧客か」などの情報 こそが「データ」であり、ビジネスの結果得られた経験「知」です。こうした「価値あるデータ」 をいかにして集め、それをビジネスに活用できるか。そのために改めて注目されているのが、デー タ活用基盤となるデータベースの存在です。

本資料では日本マイクロソフト株式会社 クラウド& エンタープライズ ビジネス本部 クラウド&サーバー製品マーケティング部 シニアプロダクトマネージャー 横井 羽衣子氏 と 株式会社システナ ソリューション営業本部 ソリューション推進部 部長
佐藤 壮氏 、同フレームワークデザイン本部 ダイバーシティー推進室 室長 土屋俊介氏 の対談を通じて、特に中堅・中小企業におけるデータ統合基盤の構築、そしてデジタル・トランスフォーメーションをいかに進めるべきかを紹介いたします。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)