ホワイトペーパー

可視化された現実-データ分析とビジネスパフォーマンスの相関を定量的に評価

日本マイクロソフト株式会社(SQL Server) 2016年12月09日

データ分析が企業の新たな活力となっていることは誰の目からも明らかです。
既に多くの事例が発表されている反面、データおよび分析がもたらす具体的な利益が論争の的となってきました。
では、IT に巨額の予算を投じれば、より高いビジネスパフォーマンスが発揮されるのでしょうか?

本調査では、データがビジネスパフォーマンスに与える影響を定量化するため、データ& アナリティクス技術とビジネスパフォーマンスの関係を実証的に研究しました。その結果は想像を大きく上回るものでした。
一部を紹介すると、最も洗練されたデータ& アナリティクスプラットフォームを開発した企業は、これらの能力を通常の業務に適用しており、立ち遅れている組織よりも営業利益率が8% 高いことがわかりました。

本資料はこうした調査結果をまとめるだけでなく、データ& アナリティクスの主導的企業によって適用された能力および技術的ロードマップの概要について述べ、また企業が戦略の策定に役立てることができるフレームワークを提示しています。

詳細は資料をダウンロードの上ご参照ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)