ホワイトペーパー

「ふつうのテレマ」も道具次第--今や「つながらない」コールの分析がカギに

NTTコミュニケーションズ(ナビダイヤル) 2016年12月07日

電話での注文や問い合わせを受け付ける、インバウンドの電話マーケティング。オンラインマーケティングが勢いを増す現在においても、軽視することはありえない重要チャネルだ。

だが、定番であるからと言って、そこにテクノロジーの進歩がないわけで決してはない。特に昨今のトピックとしては、今までは把握することが難しかった「話し中・呼び出し中などにより繋がらなかったコール数の把握」「その原因分析」が、可能になっているのだ。

これにより広がるマーケティング戦術の幅は大きく、既存のテレマを大きく前進させるものだ。例えばコールセンター要員の増減判断を、今までは不可能だったレベルで、例えば数十分単位で最適化させることも可能だろう。本資料は、なぜそういったことが可能か、その技術面を解説する。取り上げるサービスは、NTTコミュニケーションズが提供する「ナビダイヤル」だ。

このうちの「トラフィックレポート」は、すでに宅配フードサービスや業務パッケージの電話サポートなど、すでに多くの企業に導入されている。

続きは、ダウンロードしてご覧下さい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)