ホワイトペーパー

デジタル変革は、情シスの課題増加にも?─ITサービスマネジメントでビジネスをリードする部門に変身

ServiceNow Japan株式会社 2018年08月01日

ビジネスのデジタル化が加速しITシステムが多様化した現在、情シス部門が抱える課題も多岐にわたる。テクノロジーへの対応、非効率な業務プロセスの改善、その他の人的な課題などの課題に対し、場当たり的な対症療法では解決することは難しい。そこで現在の情シス部門に求められているのが、システムの開発・構築・運用という従来からの役割だけでなく、ITの立場からビジネスを理解し、その発展に貢献する「ITサービスマネジメント(ITSM)」への抜本的な改革なのである。

情シス部門がITSMの仕組みを適切に構築することによって、社内に向けて行っているITサービスのプロセスを継続的に改善することができるようになる。そこで実践するITSMは、ITのみならずユーザーに向けた社内のあらゆるサービス、ひいては企業が顧客に提供するサービスのマネジメントに応用できるものだ。

本資料は、どうすれば自社にとって最適なITSMを実現することができるのかについて、既存の課題から振り返りつつ、先進企業の事例も交えて解説している。ぜひダウンロードのうえご一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]