ホワイトペーパー

一流のカスタマーサービスに欠かせない3つ習慣とは - 成功のベストプラクティスをチェックする

ServiceNow Japan株式会社 2018年11月13日

一流のカスタマーサービスを提供するリーダー企業と、いつも顧客とのトラブルが絶えない企業──。その差はどこにあるのか。ある調査では、その答えとしてサービスの提供方法の違いを挙げている。

この調査によると、一流のカスタマーサービス部門は、次の3つの習慣を実践していた。すなわち「問題をすばやく解決する」「セルフサービスを提供する」「コラボレーションを奨励する」だ。ただ、これらを実践するには大きな課題があることもわかっている。

それは「サービスプロセスの分断」「部門のサイロ化」「手動で行われる作業」の3つだ。顧客が抱く不満や寄せられるクレームの背景には必ずこの3つが内在している。では、どうすれば一流のカスタマーサービスリーダになれるのか。

本資料は、カスタマーサービスの変革のポイントを整理し、企業が実践できるベストプラクティスをガイドしている。デジタル時代において、カスタマーサービスの向上は経営の根幹だ。ぜひ、自社の取り組みに生かしてほしい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]