ホワイトペーパー

世界的コンサルが直面したITプロジェクトの課題とは?可視化・省力化などを果たした解決への道に迫る

ServiceNow Japan株式会社 2018年12月03日

世界最大級の規模を誇るコンサルティング会社であるアクセンチュアでは、システムインテグレーションやアプリケーションアウトソーシング事業の急成長に伴い、デリバリー体制もまた拡大し、Excelベースでの案件管理や要員管理、予実管理が高負荷になるという課題も抱えていた。また、協力会社も含めた体制も拡大したことから契約処理や要員管理の負荷が増大、さらに要員情報が複数のシステムに分散して参照・活用が煩雑化していたのである。

こうした事業成長に伴う課題の解決を目指して、同社は案件管理にServiceNowのIT Business Management(ITBM)を導入。情報の一元管理による作業の省力化とダッシュボードによる可視化で分析・判断を迅速化するとともに、PMOコストの削減など、様々な効果が得られたのである。

本資料には、アクセンチュアがServiceNowを導入するに至った背景や導入後の利用状況、そして具体的な導入効果などが担当者の声とともに収められている。同様の課題を抱えるすべての方々に目を通していただきたい内容だ。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]