編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

ホワイトペーパー

セキュリティ侵害の半数が既存の脆弱性に起因!セキュリティとITチームのプロアクティブな対応が鍵に

ServiceNow Japan合同会社 2020-08-14

脆弱性が悪用されればビジネスに悪影響が及び、組織は信頼を失う可能性がある。ServiceNowとPonemon Instituteが実施した調査では、調査対象組織の半数近くがこの2年以内にセキュリティ侵害の被害に遭っており、その多くは既にパッチが存在する脆弱性に起因している。これは組織のセキュリティとITチーム間で、優先順位付けやパッチの適用管理がうまく連携できていないことが一因であると推測される。

ServiceNowでは、単一基盤上のワークフローによって、脆弱性への対応について優先順位を付け、セキュリティチームとITチーム間での対応を調整する。脆弱性によってビジネス、顧客、従業員に脅威が迫る前に、脆弱性をプロアクティブに追跡、修正、報告できる。

この資料では、ServiceNowが提示する脆弱性対応の価値について理解を深めることが出来る。ぜひ目を通していただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析

  2. ビジネスアプリケーション

    ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント

  3. セキュリティ

    2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか

  4. OS

    “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

  5. 運用管理

    7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]