編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

ホワイトペーパー

ワークフロー改革で大企業や急成長企業の経営層が陥りやすい「承認作業疲れ」を克服したSansan

ServiceNow Japan合同会社 2021-08-25

2007年に創業し、クラウド名刺管理「Sansan」や個人向け名刺管理アプリ「Eight」を展開するSansan。同社は、技術やニーズの変化に即応し、サービスを改善していくため、スピード感を持った意思決定を重視している。ただ、組織の拡大や複雑化とともに意思決定のスピードが遅くなり、従来のワークフローでは組織の変化に柔軟に対応できないという課題を抱えることになったという。そこで取り組んだのがワークフロー改革だ。それまで利用していた国内のシステム会社が開発した SaaS型BPM製品のワークフロー機能から、ServiceNowのワークフローへの移行を決定。人ベースからタスクベースの承認権限の設定や経費精算用ワークフローと勘定系システムの連携などにより、意思決定のスピードをより高めた。本資料では、Sansanがどのようにワークフロー改革を推進したのか詳細が解説されている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]