編集部からのお知らせ
新着 記事まとめPDF「データセンター分散化」
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」

ホワイトペーパー

年間で8,700時間の負荷軽減も可能、セキュリティの運用を変革する3つのステップを解説

ServiceNow Japan合同会社 2022-07-29

昨今、クラウドや多様なデバイス、変革をもたらすサービスへの依存度が高まるにつれ、脅威のベクトルは増大し、環境はますます複雑化している。組織の担当者がサイバー侵害を特定し、それを封じ込めるために多く時間を要する。ある調査によると、そうした対処に必要な期間は平均280日となり、1件の侵害による組織の平均損失額は400万ドルにも上るという。
以下の資料では、攻撃対象領域の複雑化、脅威の増大、スキル不足などにかかわらず、刻々と変化するセキュリティリスクを迅速に軽減するために役立つ、セキュリティ運用の革新に向けた3ステップのロードマップを取り上げている。また、過重労働や人手不足などによる負荷を軽減し、年間で8,700時間を他の重要なビジネス領域に振り向けるための方法も紹介する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]