ホワイトペーパー

1営業日で脆弱性問題の解決が可能に!同じサイバー攻撃でも対策次第で異なる結果になる理由

ServiceNow Japan合同会社 2022-10-14

サイバー攻撃が高度化・巧妙化・複雑化する中にあって、すべての攻撃を防ぎきることはもはや不可能と言える状況となっている。このためIT部門には、日頃の運用時から社内に潜む脆弱性を素早く検知し解消するとともに、もし攻撃による被害を受けた場合であっても、迅速かつ適切な対応により被害を最小限に食い止める体制が求められているのである。
とはいえ、これらを手動で行っていたのでは、正確性や迅速性に欠けるうえ、担当者の負荷も増大してしまうのもまた事実だろう。
こうした課題を解決するキーワードが「自動化」だ。具体的には、1つのプラットフォームにIT資産管理、IT 運用、セキュリティ、リスク管理を備えることで、可視性、サイバー攻撃の修復策、組織のリスク低減に必要なガバナンスを獲得するのである。本資料では、その詳しいアプローチについて、サイバー攻撃による被害を受けた架空の企業を想定しストーリー形式でわかりやすく解説している。ぜひご一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

ホワイトペーパーカテゴリー

ビジネスアプリケーション

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]