ホワイトペーパー

NASA事例:「ANSIBLE TOWER 」を活用してクラウドにおける複雑な管理を効率的に

レッドハット株式会社 (OpenStack) 2017年02月27日

アメリカ航空宇宙局(NASA)では、約 65 のアプリケーションを、従来のハードウェアベースのデータセンターからクラウドベースの環境に移行し、アジリティの向上とコスト削減を達成しなければならなかった。

しかし、多くのアプリケーションがクラウド環境に「そのまま」移行されたため、複数の仮想プライベートクラウド(VPC)と AWS アカウントにまたがる環境が構築されてしまった。その結果、管理が複雑化してしまい、各システム管理者は簡単なパッチ適用などの単純な作業さえも非常に手間がかかるようになっていた。

そこでNASAで は、レッドハットの「Ansible Tower」を導入。Ansible は、シンプルでエージェントレスの IT 自動化テクノロジーで、アプリケーションのデプロイ、システムの管理、複雑性の軽減を実現する製品である。その結果、AWS 環境を適切に管理できるようになるとともに、チーム全体の作業効率も向上した。NASA は AWS 環境を適切に管理できるようになった。

本資料では、Ansible Towerの導入効果を、具体的な数字を挙げて紹介している。ぜひ、ダウンロードのうえ、詳細をご覧いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)