ホワイトペーパー

データセンター事業者の新サービスを支えるために必要だった、革新的なハードウェア調達モデルとは?

日本ヒューレット・パッカード株式会社(フレキシブルキャパシティ) 2017年03月24日

データセンター事業者にとって、ハードウェアの調達コストは重要な課題だ。特に、新しいサービスを開始する際は、スタート時点からあまり大きな規模の在庫を持ちたくない。しかし一方で利用者の増加スピードに合わせて適切にリソースを確保できないと、サービスへの信頼性が揺らいでしまい、ビジネスの成長がストップしてしまう。
 
沖縄県を代表するIT企業である沖縄クロス・ヘッドでも、「次世代IoTセンターサービス」の開始に伴い、前述の課題に直面していた。そこで利用したのが、「HPE フレキシブルキャパシティ」だ。同サービスは、サーバやストレージ、ネットワークなどのITリソースを利用企業内に設置し、月次の利用量に応じた料金で利用するサービスだ。

沖縄クロス・ヘッドでは、管理用サーバをはじめ、ネットワーク機器を「HPE フレキシブルキャパシティ」で調達。今後は、ユーザー企業に提供するサーバやストレージ製品についても、同サービスを適用していく考えだ。

本資料では、同サービスのメリットや導入効果を詳しく紹介。データセンター事業者のみならず、プライベートクラウドを構築している企業にとっても参考になる内容になっている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)