ホワイトペーパー

初期投資を抑えて、最新の機器を導入!?オンプレミスも「所有」から「利用」の時代に

日本ヒューレット・パッカード株式会社(フレキシブルキャパシティ) 2017年03月24日

新規サービス、システムの立ち上げ・拡張など、ビジネスニーズに応えるためには、ITによるタイムリーなインフラ整備が求められる。しかし、求められるITインフラリソースをオンプレミス環境で構築するには、手間や時間、コスト面で大きな負担となる。こうしたケースに有効なのがパブリッククラウドだが、セキュリティやガバナンスの面から移行できないケースも多く、フレキシブルに運用できないという束縛もある。

オンプレミスシステムのリソースを、パブリッククラウドのように柔軟に利用できないか?そうしたニーズを具現化するサービスが登場した。「HPE フレキシブルキャパシティ」だ。

同サービスは、HPEの最新機器を自社に設置、利用料を従量課金で支払うというサービスだ。運用、管理、障害対応は、HPEの専任スタッフが行うため、ユーザーは、自社のIT人材をより戦略的な課題に投入できる。また、利用量の急増に備えたバッファーリソースをもつことででき、柔軟な運用が可能になる。

本資料では、「HPE フレキシブルキャパシティ」の詳細を紹介し、具体的なメリットを示している。IT投資の最適化をお考えの方にとって有用な内容となっている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)