ホワイトペーパー

そのバックアップ、ランサムウェア被害から復旧できますか?大手セキュリティ企業も導入の完全防御策とは

Druva 2017年05月31日

本資料は、従来型のサーバ/エンドポイントバックアップにわずかでも不満を感じている担当者であれば、ぜひ一読頂きたいものだ。
資料内で触れているが、昨年にリカバリの失敗を経験した事のある企業の割合は「42%」との調査結果があるという。
特に昨今は、企業システムの分散化・複雑化が進み、業務データのバックアップ事情は悪くなっている。個別システムごとにバックアップのサイロ化はより顕著になり、必要なスキルも増加している。バックアップの取り方を正しく認識しないと、ランサムウェアに感染した場合復旧できなくなってしまう。

そこで考えたいのが、クラウド上に構築された「統合バックアップ」「アーカイブ」のソリューションだ。
これにより従来の課題のおおよそは、解決が可能となる。

例えば
・外部ディスク、テープなどによる長期の保管、管理に伴う多くのリスク解消
・オンプレ、クラウド、物理、仮想を含む様々な形態のサーバを、一元バックアップ
・定期的なフルバックアップによるストレージとスケジュールの圧迫回避
・非常に効率が悪く費用のかかる「多段」「定期フル」バックアップの置き換え
・セカンダリサイト不要のクラウドベースによるディザスタリカバリ実現

といった機能だけでも、多くの担当者の悩み解消につながるはずだ。
同サービスは30日の無料試用もでき、時間がかかる初期バックアップを試用期間中に完了させることも可能である。

さらに本資料には、大手セキュリティベンダーのトレンドマイクロ社が、自社製品ではカバーできないランサムウェアの出口対策(バックアップ)を、クラウドネイティブなエンドポイントバックアップサービスを導入することでいかに実現したのかにも触れられている。
ぜひダウンロードして概要を確認頂きたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)