編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ホワイトペーパー

Googleが明かす、CIOのための「データ分析と機械学習の手引き」

グーグル・クラウド・ジャパン合同会社 2019-09-27

機械学習(ML)や人工知能(AI)の発展にGoogleが果たしている役割は大きい。2003年と2004年に発表した2つの論文からHadoopの活動が生まれ、2017年に公開したSpannerやその後のGoogle BrainをきっかけにAIへの関心が再燃した。またTensorFlowは深層学習に欠かせないツールとなっている。

本資料は、そうしたGoogleがCIO向けにデータ分析と機械学習についてどう理解しておくべきかを手引きしたものだ。「データを取り巻く新たな状況」「クラウド ストレージとデータ ウェアハウジング」「リアルタイム データ統合」「機械学習とAI」という4つの章を立て、全28ページでポイントをおさえながらガイドしている。企業がどのようにデータ分析と機械学習に取り組むべきかを網羅的に解説した格好の資料だ。経営の一助として役立ててほしい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]