編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

ホワイトペーパー

VMwareワークロードを稼働させる「Google Cloud VMware Engine」とは

グーグル・クラウド・ジャパン合同会社 2020-10-28

多くの企業がクラウドファーストを実践しようとしているが、口で言うほど簡単ではない。高い信頼性や可用性が求められるミッションクリティカルなシステムでは、サイジングや構築、デプロイ、可用性確保などのハードルが高く、クラウドへ移行するためにはさまざまな工夫が求められる。

そうした課題に対して Google Cloud が提供しているのが既存の VMware ソリューション環境をシームレスにクラウドへ移行するための「Google Cloud VMware Engine」だ。この Google Cloud VMware Engineは、Google Cloud 内で VMware ワークロードを稼働させるための専用マネージドクラウド プラットフォームだ。

本資料では、Google Cloud VMware Engine の特徴や機能、導入メリットを詳しく解説している。ワークロードの管理から、ネットワーキング、Google Cloud リソースへの高速接続などのポイントを知ることができる。クラウド移行の参考にしていただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]