編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

ホワイトペーパー

徹底解説!コンテナやKubernetesを活用するGoogle Cloudモダンアーキテクチャとは?

グーグル・クラウド・ジャパン合同会社 2020-11-11

サービスを高速かつ高品質に開発、リリースし、運用の負荷を軽減するため、さまざまな製品が登場している。この資料では、コンテナやサービスメッシュ、DevOps など各テクノロジーの目的とそのメリットとデメリットを理解するとともに、Google Cloud で実現するために必要なアーキテクチャについて、Google Cloud ソリューションズアーキテクトの長谷部光治氏が解説する。

主な内容は、Google Cloud によるアプリケーションの未来や、コンテナ化とマイクロサービスの課題を解消する Kubernetes など。中でもコンテナを使うメリットとして、VM よりも優れた高速性、コンテナ実行環境間であれば移行しやすいポータビリティ、リソースの有効利用であることを明快に解説している。仮想マシンを5台しか実装できない物理サーバーでも、コンテナであれば数十台から 100 台でも載せられる。詳細について、ぜひ一読していただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]