編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

ホワイトペーパー

グーグルのLookerがもたらすビジネス効果、モビリティデータが価値に転換する仕組みを追う

グーグル・クラウド・ジャパン合同会社 2021-11-22

モビリティデータを活用する事業を手掛けるスマートドライブは、自動車や二輪車からさまざまなセンサーデータを収集し、分析基盤からモビリティサービスを展開している。MaaS やスマートシティーでは、車載カメラの映像、温度・空気圧・加速度など、集積される大量データが新たな価値に転換される。そこで鍵となるのが、Google Cloud が提供するBI機能を兼ね備えたデータ分析プラットフォーム「Looker」だ。LookML というモデリング言語で指標を一元化させ、データガバナンスを担保できる為、誰もが正しいデータを基にして次のアクションにつなげることができる。
本資料では、モビリティデータを価値に転換させ、ビジネスにつなげるために Looker が果たす役割について、スマートドライブの3人のデータサイエンティスに詳しく話を聞いている。別のサービスやプロダクトへの横展開がしやすいことで売り上げの増加につなげられるなど、Looker の効果が理解できる内容になっている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]