編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ「ジェネレーティブ」
記事まとめ:IT各社の中期経営計画

ホワイトペーパー

巣ごもり消費で激変した小売業、差別化戦略のカギを握る「ロケーション・インテリジェンス」

グーグル・クラウド・ジャパン合同会社 2021-12-17

e コマースの台頭により、多くの小売業が実店舗とオンラインの融合による「オムニチャンネル」の推進に新たな活路を見出そうとしている。昨今では、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、消費者の消費行動は劇的に変化し、いわゆる「巣ごもり消費」が急拡大している。その一方で、ある調査では「オンラインの全ショッピングカートの 70% が購入手続き前に放棄されている」という結果も報告されている。その原因には、購入プロセスの長さと煩雑さが挙げられている。また、消費者の 75% 以上が「利便性」を理由として、新しいショッピング方法、新しい店舗、新しいブランドなどに切り替えている。今や多くの消費者が値段ではなく、エクスペリエンスを重視する中、小売業者の差別化を図るための鍵として注目されているのが「ロケーション・インテリジェンス」だ。

本資料では、ロケーション・インテリジェンスの解説とともに、小売業者が生き残るための具体的な活用方法を紹介する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]