編集部からのお知らせ
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
新着記事まとめ:経産省のDX本気度とは?

ホワイトペーパー

DX時代最大のリスク「IT資産」への攻撃をいかに防ぐか?EDR活用の有用性と具体的アプローチ

SB C&S株式会社/ヴイエムウェア株式会社(セキュリティ) 2021-01-18

VMwareが国内向けに発表した調査レポートによると、企業よりセキュリティ侵害の最大のリスクとして挙げられたのはネットワークでもデバイスでもなく、ワークロード/アプリケーションで実に37%にも達している。主なワークロードのリスクとしては、情報漏えいや業務停止、サーバの悪用などがあり、企業にはサーバも含めたエンドポイントの一刻も早いセキュリティ向上が求められている。しかしながら、セキュリティチームは本番環境のワークロードがどのように動くのかを知らず、またインフラチームはサイバー攻撃の兆候に気づく術がないなど、ワークロードを保護しようにも立場によって異なる課題を抱えているのが現実だ。

そこで本資料では、VMware vSphereと統合したEDR製品である「VMware Carbon Black Cloud Workload」の概要と最新機能を紹介するとともに、これらによりワークロードを確実に保護するアプローチについて解説している。これからのEDR製品選定において重要なポイントがわかるはずだ。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]