ホワイトペーパー

GDPR施行!日本企業も見直しを迫られるセキュリティ対策--リスクを広げないコツはエンドポイント

マクニカネットワークス株式会社/株式会社シマンテック 2017年12月07日

EU一般データ保護規則(GDPR)が施行されることで、日本国内の企業もセキュリティの見直しを迫られる局面となった。

対策で企業の泣き所となっているのが、どうしても徹底できないエンドポイントの防御、そしてせっかくのセキュリティ対策を導入した後の運用が難しいことである。しかし、欧州での状況は待ったなしのため、対策を至急検討する必要がある。

そこで本資料で紹介するのは、特別な運用体制を必要とせず、コストを抑えながら効果を期待できるシンプルなセキュリティ対策となる。

「サンドボックスもすり抜けるような、現状の高度な攻撃に対処するには?」
「高度な攻撃に対処するために、運用を大きく変える必要はないのか?」
「万が一、突破されてしまった場合の事後対応能力を、どのように確保するのか?」

こういった疑問に答える内容だ。詳しくは資料で解説するが、「NGAV」「EDR」2つのアプローチを組み合わせ、止められる脅威は可能な限り止め、止めれなかった場合のスピーディーな事後対応手段を確保するのだ。
詳しくは、ダウンロードでご覧頂きたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]