編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

ホワイトペーパー

カスタマージャーニーで成果が得られない理由はココにあった!MA活用による解決のヒント

SATORI株式会社 2020-03-24

顧客が商品やサービスを知り、購入・利用意向をもって実際に購入・利用するまでに、顧客が辿る一連の体験を「旅」に例えたマーケティング施策カスタマージャーニー。多種多様な顧客接点が存在するなか、カスタマージャーニーは、顧客体験を可視化し、顧客視点に立ち返るという意味でも大いに有効だ。しかしながら、設定すべきKPIを明確にしなければ十分な成果を得ることはできなくなる点に注意が必要である。

というのも、カスタマージャーニーには数々の「落とし穴」が存在するからだ。苦労をして作成したらそれで満足して活用されない、ペルソナ設定があいまいで実際の顧客像と乖離してしまう、顧客の行動・意識に関する知見の不足により売り手側の願望だけが反映されたものになってしまう…典型的な落とし穴を挙げたら枚挙にいとまがない。

そこで本資料では、このようなカスタマージャーニーにおける落とし穴を回避して、正確なカスタマージャーニーを作成するための、マーケティングオートメーションツール「SATORI」を活用したアプローチが解説されている。現状の製品やサービスの共通認識をチーム全員で持ちたい方や解決すべき課題の優先度を明確にしたい方、さらには今からカスタマージャーニーを作ろうと考えている方にも必見の内容だ。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]