編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ「ジェネレーティブ」
記事まとめ:IT各社の中期経営計画

ホワイトペーパー

“データドリブン経営”に立ちはだかるSAPデータ活用の「障壁」をいかにして乗り越えるか

株式会社電通国際情報サービス 2021-12-06

業務のデジタル化が進む中にあって、企業がさらなる競争優位を確立するためにも“データドリブン経営”が叫ばれて久しい。そして活用できるデータも、ERPのような基幹業務システムのデータはもちろんのこと、例えば、消費者のネット上およびリアルでの行動履歴データや、工場の生産状況や機械の稼働状況のデータなど、ますます幅が拡がっている。こうした膨大な生データから、より精度の高い情報を洗い出し、BI(Business Intelligence)などによって様々な視点でデータを可視化することで、意思決定の支援などを行うことが求められているのだ。しかしながら、データドリブン経営を進めるうえで障壁となりがちなのが「データのサイロ化」や「SAPデータ活用」である。そこで本資料では、そうした障壁がなぜ生じるかについて解説するとともに、その解決策となる統合データプラットフォームの実現方法について解説している。ぜひご一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]