ホワイトペーパー

「ベアメタル」でオンプレミスと同等の性能と可用性を、 圧倒的なコスト優位性で実現!

日本オラクル株式会社(Cloud) 2017年12月27日

近年、パブリッククラウドの活用にあたって、にわかに注目を集めているキーワードが「ベアメタルクラウド」だ。

一般的にパブリッククラウドのIaaSは、クラウドベンダー側で用意している仮想化プラットフォーム上で複数のユーザーがリソースを共有する。対して、ベアメタルクラウドはパブリッククラウド上で物理サーバーを専有可能とするサービスだ。なお、クラウドベンダーによっては、サーバーだけでなく、ネットワークやストレージ等の関連するリソースも包含した、インフラ全体をベアメタルサービスとして提供しているケースもある。ベアメタルクラウドの最大の特長は、従来の専有型物理サーバーを提供するサービスと、IaaSの両方の
メリットを享受できることだ。

ベアメタルクラウドは、IaaSの仮想インスタンスと同じように管理運用することができるため、物理サーバーでありながら、管理コンソール等を通じてオンデマンドによる柔軟なリソースの拡張・縮退が行える。また、仮想化ハイパーパイザーによるオーバーヘッドから生じるパフォーマンスの劣化を回避できるため、物理サーバーの性能を100%引き出すことが可能だ。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]