ホワイトペーパー

どうするSAPのクラウド化―初期投資と運用の手間を抑え価値最大化「IIJ GIO for SAP」

株式会社インターネットイニシアティブ(Cloud) 2018年01月30日

2025年に迫ったSAPのサポート期間終了。多くの企業でSAPのクラウド化は差し迫った課題です。
しかしSAPのクラウド化は企業にとってやるしかない仕方のないことなのでしょうか?
それは間違いです。実際SAPをクラウド化することで企業にとって多くのメリットがあります。
まさに今は硬直化したITシステムを刷新する好機なのです。
では一体どのようなメリットがあるのか。
1.コスト
数年ごとのリプレースメントのたびに発生する初期投資費用を均一化。ハードウェアやファシリティの保守・運用はクラウドベンダーが行うため運用のコストや手間が軽減されます。
2.利用継続性
SAP HANAのような新しいテクノロジー、新バージョンの仮想化基盤など常に最新のテクノロジーを利用可能。将来的な拡張性も高いです。
3.安心・安全
信頼性の高いデータセンターにシステムを預けるので24時間365日有人体制での運用が可能です。

こうしたメリットを享受するために、どのクラウドをつかうかは重要な選択です。
多くの実績とノウハウをもったIIJ GIOであれば、その点も安心です。
なぜSAPのクラウド化にIIJなのか。
その答えは資料をダウンロードし皆さま自身の目でご納得ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)