編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

ホワイトペーパー

専門家 1264人への調査結果が示す、ランサムウェア攻撃による深刻な被害コストの実態

サイバーリーズン・ジャパン 株式会社 2021-10-20

世界中で猛威を振るうサイバー攻撃。2021年5月には、米国Colonial Pipelineがランサムウェア攻撃の被害に遭い、同社の操業停止に伴い数百万人への燃料供給が遮断され、米国東部の大規模な混乱を招いた。

ランサムウェアは11秒に1回という頻度で発生し、1件当たりの平均支払額は1,600万円で、2020年の総被害総額は2兆円に達すると言われている。ランサムウェア攻撃へのインシデント対処は、非常に複雑でコストがかかる。実際に被害に遭った組織の多くが、深刻なダメージを受けている。

以下の資料は、ランサムウェアが企業ビジネスへ与える影響を、グローバルのサイバーセキュリティ専門家 1264人に調査した結果をまとめたレポートだ。業種別の被害状況や事業収益の減少、ブランドの失墜、経営層の辞任や従業員の解雇など多角的な観点で企業への影響を明らかにし、ランサムウェアから組織を守るための最善の戦略を提言している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]