ホワイトペーパー

最新の攻撃事例から学ぶ、サイバー脅威対策 有事を見据えたセキュリティ運用とは?

サイバーリーズン合同会社 2021-10-20

組織の重要な情報資産を奪い、さまざまな観点で深刻なダメージをもたらすサイバー攻撃。中でも、昨今はランサムによる被害が世界中で拡大している。ランサムウェアは11秒に1回という頻度で発生し、米国の調査データによると、1件当たりの平均支払額は1,600万円にも上り、2020年の総被害総額は2兆円にまで達するという。

今やサイバー攻撃の多くが、完全に組織化・ビジネス化されている。そうした組織的な攻撃を阻止するためには、組織全体で立ち向かうことが求められる。重大なインシデントに直面したとき、どのように対処すべきなのか。

以下の資料では、最新のランサムウェアによる攻撃の侵入手段、新たな手法として急増するサプライチェーン攻撃の事例、実際に攻撃を受けた組織の深刻な影響などを解説。経営課題として取り組むべき、サイバー脅威対策における4つの最重要ポイントを紹介する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]