ホワイトペーパー

クラウドだから冗長化が重要!クラウドHA導入サービスの活用で「壁」の突破を

NEC( CLUSTERPRO ) 2018年03月12日

現在、企業におけるさまざまなシステム環境がクラウドへと移行していますが、そこで問題となるのがいかに可用性を確保するかです。クラウドベンダが提示するSLA要件を満たすには冗長化が必須であるものの、オンプレミス環境と同じHAクラスターはクラウド上では実現できません。共有ストレージなどクラウド上でサービスとして提供されていないものがあったり、クラウドごとにサービスの種類や特性が異なったりするからです。

つまり、各クラウドの使用に適したHAクラスターの再設計が必要となってくるということです。

こうした事情から、オンプレミスからクラウドへの移行時に壁にぶつかる企業が多いのが現実です。そこでNECが提供するのが、HAクラスタリングソフトウェア「CLUSTERPRO」を核としたクラウドHAコンサルティングサービスです。同サービスには、クラウドの特性を活かした「HAクラスター導入サービス」と「HAクラスターの簡易イメージ提供サービス」の2つのメニューが用意されており、企業それぞれのニーズ、環境に適したクラウドへのHAクラスターの導入を実現します。

本資料では、クラウド環境における冗長化のポイントと、クラウドHAコンサルティングサービスについて詳細に解説しています。ぜひ、ご覧ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]