ホワイトペーパー

AWSでHAクラスターを構成するための押さえるべきポイントとは?

NEC( CLUSTERPRO ) 2018年03月12日

「クラウドファースト」が叫ばれるなか、クラウドプラットフォームとして別格とも言える存在感を示すのが、言うまでもないAWS(Amazon Web Services)です。世界に16のリージョンを有し、アベイラビリティゾーンは世界に42で、うち日本の東京リージョンが3というAWSですが、他のクラウドと同様、可用性を追求する際には注意すべきポイントがあります。

みなさんは、「既存のオンプレミス環境で使っているクラスターソフトがそのまま使える」、「クラウド側で冗長化していればそのサービスを使えばいい」とは考えていないでしょうか?。実際には、多くのクラスタソフトはクラウドで動作不可であり、またクラウドサービスを駆使した冗長化は既存からの移行案件では期間やSIコストが膨らむので注意が必要なのです。

しかしながら、NECが提供するHAクラスタリングソフトウェア「CLUSTERPRO」であれば、AWSに対応しているためAWS上でHAクラスタが構成可能です。本資料では、AWSにおける冗長化の注意点や、AWSにおける「CLUSTERPRO」導入のポイントについてわかりやすく解説しています。ぜひご一読ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]