編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ホワイトペーパー

AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」

富士通株式会社 2018-03-20

AIをどう活用すれば、どんな課題が解決できるのか?

誰もが思う素朴な疑問ながら、これにうまく答えるのはとても難しい。AIは新しい技術であり、応用範囲は多岐にわたる。これまでに考えもしなかったシーンに適用できる可能性もある。それと同時に、AIは発展途上の技術でもある。昨日までの常識が明日突然通用しなくなるという不安定さもある。

しかし、業務での適用を考える以上、AIの適用領域と活用シーンを見定めるのはどうしても必要だ。そんな声にこたえようと、AIを「7つの領域」と「17の活用シーン」の観点で整理した資料が公表された。

7つの領域とは「ナレッジ活用」「コールセンター問い合わせ窓口」「職場・暮らし」「社会インフラ」「保守・保全」「ものづくり」「デジタルマーケティング」だ。この7領域それぞれにおいて、具体的にどう取り組みを進めればいいかが17の活用シーンで説明している。

知識として得るだけでなく、アイデアの発想や計画の立案、プロジェクトの整理などで大いに参考になる資料だ。ぜひダウンロードして、自社の取り組みに生かしてほしい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]