ホワイトペーパー

混沌とする「運用現場」を診断し、自動化に向けた「処方箋」を発行するサービスとは

株式会社日立製作所 2018年05月25日

社内の業務を効率化して社員の生産性を高めようとするとき、まず最初に実施しなればならないのは「診断」だ。正しい診断を行ってはじめて、正しい対処ができる。これは、日常の業務効率化の取り組みだけでなく、働き方改革やデジタル変革などの取り組みにも言えることだ。

しかし、現在の業務は、ITシステムとの結びつきが強くなり、ITシステムの複雑さの影響を大きく受ける。特に深刻なのは「運用」だ。運用環境は人手に頼る部分が多く、可視化すること自体が難しい。まして、ビジネスのスピードに対応できるように、日々環境が変わるため、対策を講じにくくなってきた。

そこで強く求められるのが「運用現場の診断」だ。単に構成を可視化するだけでなく、「誰が何に対してどのくらい取り組み、その結果業務にどんな負荷が発生しているか」を把握する。運用をそのレベルで把握してはじめて正しい「処方箋」が見つかるのだ。

本資料は、仮想環境の運用の課題を診断する方法と、それを自動化によって対処するための方法とソリューションが紹介されている。ぜひダウンロードしてほしい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]