ホワイトペーパー

HCIの盲点は属人化!? 簡単であるからこそ求められる3つの視点と機能

株式会社日立製作所 2018年07月21日

IT運用管理の世界に大きな波が訪れている。ITインフラを一体的に管理しようというハイパーコンバージドインフラ(HCI)の登場だ。

従来のITインフラは、サーバ、ネットワーク、ストレージごとに異なる知識とノウハウが求められ、属人化が起こりやすかった。HCIは、これらを一体的に管理することで、管理効率を大幅に高めることができる。リソース不足と人材獲得に悩むIT部門にとって、救世主になりつつある。

ただ、HCIをただ導入すれば、問題が解決するわけではない。HCI導入がかえって属人化を招くケースさえでてきている。例えば、障害対応だ。簡単に導入、管理できるようになったことで、ノウハウが受け継がれず、どのコンポーネントで障害が発生しているがわかりにくくなった。その結果、スキルやノウハウを持つ人への依存が高まってしまうのだ。

本資料は、こうしたHCIにまつわる課題を整理し、その解決策を「可視化」「業務視点」「自動化」という3つのポイントとして提示する。この3つは、HCIのメリットを引き出すために必須の視点と機能でもある。ぜひ、ダウンロードしてHCIという大波を乗りこなすヒントを探ってほしい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]