ホワイトペーパー

サービスビジネスへのシフトを失敗させないために押さえるべき「3つの課題」の解決策とは

BSSsymphony(株式会社日立ソリューションズ) 2018年08月02日

消費者の関心が製品の機能などの「モノの価値」から、形のない経験や体験、サービスなどの「コトの価値」へと大きくシフトしているのに合わせて、これまでサービス提供を行っていなかった企業も競ってサービス事業をスタートさせています。しかしながら、サービスビジネスで利益を上げるためには、業務システムにおいて「継続課金に対する仕組みづくり」、「料金計算の複雑化」、「契約変更依頼への迅速な対応」といった3つの課題の解決が強く求められてきます。

そこで、この3つの課題の対策について、医療機器、産業機械、自動車などのメーカーが取り組む先進的なサービスビジネスの例やイメージ、そしてIoT技術を活用したシステム構成等を紹介するのが本資料です。ぜひ目を通していただき、「モノからコト」への価値の大転換を、自社のリスクから競争力へと変えてみてはいかがでしょうか。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]