ホワイトペーパー

センサーデータの機会を活用する~ビジネス・アナリティクスによる優位性獲得への道

SAS Institute Japan株式会社 2018年10月15日

長年の間、製造企業はプロセスの自動化、不測の事象の通知、そして、機器の稼働状況監視のためのデータ収集にセンサーを使用してきました。
おそらく、製造業のリーダー企業の多くは、 センサーについて必要なことをすべて知っていると考えているでしょう。
しかし、それはおそらく誤りです。
私たちの目には直接ふれにくいですが、近年、組み込みセンサーの活用が急拡大しています。
データ活用の成功モデルとして紹介されるGEのCEOですら、 自社がセンサーから収集したデータをどのように活用していくかを完全には理解してないと述べていました。
しかし、センサーがビジネスに占める重要性が増大していくのは確実です。
センサーは、製造企業に、効率性の向上、顧客志向の迅速な製品開発、ターゲットの定まったアフターサービスやアップセル、そして市場の将来にフォーカスした洞察の獲得など、複数の領域で競争優位性を提供します。

しかし、本リサーチでは、製造企業のセンサー活用が遅れていることが示されています。
この状況は、最新の製品テクノロジーを求める市場での地位を危うくするだけではなく、テクノロジー採用に積極的な競合他社に遅れを取ることをも意味します。
製品組み込みセンサーは、顧客の期待にこたえるという直接的メリットだけではなく、ビジネス・アナリティクス面において重要なメリットも提供します。センサーは、かつてないレベルの詳細データへのアセスを提供します。このデータを意思決定のための強力な知識に変換し、組織にとっての最善の結果へと結びつけることができます。 しかし、この機会を最大化するためには、製造企業には統合ビジネス・アナリティクス・プラットフォームが必要です。
それがなければ、センサーデータは情報を洪水のように肥大させ、ノイズを増すだけになってしまいます。
本レポートでは、企業のセンサー活用状況の詳細を示し、センサーによる製造業の競争力強化の方法、そして、 センサーが生成したデータの洪水を予期せぬ 危機ではなく連続した機会に変えていく準備をするための指針を提供します。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]