ホワイトペーパー

追い越し車線で何を分析するか:自動運転におけるイベント・ストリーム・プロセッシングの役割

SAS Institute Japan株式会社 2018年10月15日

こんなシナリオを想像してみてください:自動車で走っているときに、学校に近いエリアにさし掛かると、自動車は自動的に制限速度である時速30kmに減速し、子供がいる可能性があることを運転者に警告します。そして、そのエリアを過ぎると、運転者が操作しなくても自動車は加速して元の速度に戻ります。
こうしたシナリオは、イベント・ストリーム・ プロセッシングとコネクテッド・カー・テクノロジーを活用することで近い将来に実現します。完全につながっている総合的な統合型交通システムは、コネクテッド・カー・イニシアチブの一部です。 自動車を使った陸上輸送は、インテリジェント・トランスポーテーション・システム(ITS)テクノロジーを有効活用する時代の入り口にあるのです。
このような変革は自動車だけにとどまるわけではありません。「イベント」という言葉は、広い意味で特定の時点にシステム内で起きる事象、と言えます。たとえば、金融業界では取引、医療業界ではカルテの更新がイベントです。イベント・ストリーム・プロセッシングは、無線や有線を使って複数のソースから送受信されるストリーミング・イベント/トランザクションを処理します。コンピュータ、無線スマートデバイスおよびサービスは、われわれの日常に普及しており、コミュニケーション能力を備えています。インタ ーネットやモバイル・コミュニケーション・システムは、相互に接続し、データの継続的な送受信を可能にします。われわれが利用するデバイスには標準的にセンサーが搭載されるようになり、それらのセンサーからは絶え間なくデータが送られています。これらのセンサーが生成するデータの多くはあまり役に立ちませんが、一部は極めて有益です。
本資料では、コネクテッド・カー・テクノロジーを例に、イベント・ストリーム・プロセッシングの役割と可能性を紹介いたします。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]