ホワイトペーパー

講演資料:IoTにおける、機械学習を活用した異常検知の適用シーン

ブレインズテクノロジー株式会社 2018年11月08日

ZDNet Japan & AWS Partner Networkセミナーより。

膨大で多種多様なデータ(センサー/音/動画)から価値ある知見を抽出するには、機械学習を活用した高度な解析が必要であることは今や自明となりました。
本セッションでは、リアルタイム予測分析プラットフォーム「Impulse」で実現している大量なセンサー、音、動画データに対するプラント設備の故障予兆検知や、製品完了検査における不良検出、要因分析など、IoT分野で機械学習が価値を提供するシーンや機械学習活用のポイント・ノウハウについて、製造業のお客様事例を交えてご紹介します。

併せて、「AWS Greengrass」を活用したエッジコンピューティングでの製造業での先端的な取り組みについてもご紹介します。

ブレインズテクノロジー株式会社 中澤 宣貴氏
(取締役/技術責任者(CTO))


<ダイジェスト>
・エッジコンピューティング機械学習を活用した予防保全・品質改善
・異常検知 こんなシーンでご利用いただいています

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]