編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

ホワイトペーパー

バックアップ環境に最適なストレージの要件を探る 高密度ディスクアレイの思わぬ落とし穴

クロス・ヘッド株式会社 2020-09-10

組織が保有するデジタルデータが急増する中、なるべくIT予算を抑える取り組むが必要とされている。また、事業の継続性確保などの観点から、データ保護の重要性も高まっている。バックアップ環境に投資する上では、より少ないデータセンタースペースで、より多くのバックアップ容量とパフォーマンスを実現する仕組みの検討が求められている。

そうした要望を受け、多くのストレージベンダーが高密度なディスクアレイストレージの提供を目指している。しかし、ただ単に高い密度を求めるだけでは十分ではなく、スペース効率やパフォーマンス、消費電力、信頼性などの要件を満たさなければ、優れたバックアップ環境とは言えない。

以下の資料では、「電力/密度のパラドックス」など、一般的な高密度ストレージが抱える課題を解説し、それを克服する解決策を提案している。バックアップコストの削減を検討している担当者はぜひ参考にしてほしい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]