編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

ホワイトペーパー

フルスクラッチ開発の苦労がほぼゼロ!アプリでのファンベース構築も目指すNEC

株式会社ヤプリ 2019-10-28

2016年11月にスマートフォンアプリをフルスクラッチで開発したNEC。アプリ開発の背景には、ビジネスポータルサイト「wisdom」のリニューアルに伴う情報発信と、自社イベント「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO」でのサービス展開にあった。しかし、フルスクラッチアプリは、審査やOSバージョン管理、改修費用など多大な手間とコストがかかることが課題だった。そこで導入したのがアプリ開発・運用・分析をクラウドで実現する「Yappli」だ。これにより、スクラッチ開発で悩まされていた作業がほぼゼロになるなど、大きな成果を生んだ。将来的には、アプリのアクティブ率を向上したうえで、アプリを使ってNECファンベースを構築することも目指している。

本資料は、NECがどのようにスマートフォンアプリを活用しているのかをまとめた事例記事だ。自社アプリ開発で直面する課題を解消するヒントが数多く含まれている。ぜひご一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]