編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

ホワイトペーパー

熱狂的に支持されるブランドをどう作る? キーパーソンが「ECのミライ」を語る

株式会社ヤプリ 2021-01-04

日本でも注目を集める「D2C(Direct to Consumer)」。D2Cブランドが次々に誕生し、自社ECに取り組む企業も増えている。また、ECへの取り組みが活発化するなかで「顧客との理想的な関係性とは?」「そもそもブランドとは何か?」といった本質的な議論も繰り広げられるようになってきた。

そんななか、株式会社ヤプリが主催した「Yappli Summit」では「ECのミライ」を語り合うトークセッションを実施。話し合われたテーマは、「国内のブランドがD2Cを目指す理由」「消費者が求めているのは温泉!?」 「体験すらコモディティ化したあとに残るもの」「ECのミライ、動画への挑戦」「あらゆる活動のハブとなるアプリの可能性」などだ。「北欧、暮らしの道具店」を運営するクラシコム 青木耕平氏と、『D2C』の著者でもあるTakram 佐々木康裕氏が参加しており、本資料では、その詳細がレポートされている。ぜひご一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]