編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ホワイトペーパー

CX向上のあの手この手-不動産・住宅販売の業界を例にお客様との良好な関係作りのヒントを紹介

株式会社プレイド 2019-11-07

いま多くの企業がCX(顧客体験)の価値を最大化することで、顧客との長期的な関係を築くことに注力している。実際、ある調査によると、8割もの企業が今後12ヶ月間のビジネスにおける優先事項の上位項目として「顧客体験の向上」と回答しているほどだ。

CX向上施策が求められるのは不動産・住宅販売業界においても同様だ。そしてCX施策では、商品やサービスの「価格」や「機能性」といった物理的な価値だけではなく、サービスの利用前後を含むあらゆるタッチポイントにおいて顧客の「満足感」や「喜び」といった感情や体験の価値向上を目指すことになる。

そのために大きな効果を発揮するのが、様々な業界で活用が進むCXプラットフォーム「KARTE」だ。KARTEは、サイトを訪れる顧客の行動をリアルタイムに解析し、サイト内外の様々なデータから顧客を「ひとりの人」として把握する。リアルタイムに顧客を可視化し、その人の「今この瞬間」を捉えて、チャットやメール、クーポン配布、SMS、LINE等々、顧客ごとの最適なコミュニケーションが可能となるのである。

本資料には、KARTEの数々の特徴的な機能の解説と合わせて、離脱ポイントを的確に把握してコンタクトを最適化したり、流入元に応じてコミュニケーションを出し分けたりなど、KARTEを活用してCX向上に成功した不動産・住宅販売業界の10以上もの活用事例が掲載されている。まずは一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]