ホワイトペーパー

“輸出に伴うリスク”がいま、日本企業の重要課題に…輸出管理のあり方の早急な見直しを

安全保障貿易管理ソリューション(株式会社日立ソリューションズ) 2019年02月05日

国際情勢が激しく変化する現代社会において、テロや大量破壊兵器の開発など、安全保障をめぐる課題は深刻化しています。そうしたなか、高度な技術が盛り込まれた日本製の製品が規制対象となる国や組織に流出してしまう事例も増えているのが現実です。仮に過失であっても違法輸出を行った場合、刑事罰だけでなく、企業の社会的イメージの悪化や既存顧客との取引停止など、企業経営上、深刻な影響が生じる事態となる可能性があります。

そのため、法令に基づいた厳格な安全保障貿易管理(輸出管理)の強化が、企業にとって喫緊の課題となっています。しかしながら、現状の輸出管理業務は紙で行われることが多く、管理を強化した場合には、業務効率の低下を引き起こします。また、人に依存した体制の場合、法令改正を見落としてしまうなど、コンプライアンスリスクを抱えてしまうことになります。

本資料は、安全保障貿易管理業務のリスクを低減し、業務効率化するためのアプローチを解説しています。輸出管理体制を強化しつつ、経験豊富な社員だけに頼る必要のない仕組みを整備するためのヒントを掴んでいただくことができますので、ぜひご覧ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]