ホワイトペーパー

検証でわかったVDIの新基準!フルクローンVMで容量効率化するHCI製品

SB C&S株式会社/日本ヒューレット・パッカード株式会社 2019年02月27日

「既存の物理PCからの違和感をできるだけ小さくしたい」。VDIが普及するなか、新たにVDIを導入する際にそんなニーズが寄せられるケースが増えている。そうしたニーズにこたえるために採用される割当方式が、リンククローンに比べてユーザの利便性が高いフルクローンだ。ただ、フルクローンは仮想デスクトップを個別に管理するためストレージ容量の肥大がネックとなりがちだ。

こうした課題に応えられるHCIがHPEのSimpliVityだ。同製品では、強力な重複排除で仮想デスクトップのストレージ領域を効率的に格納でき、リンククローンに迫る優れた利用効率を実現、システム投資を抑えることができる。また、今後のVM増加に伴う実装や運用の負荷を減らすことができる。

本資料は、SimpliVityがいかにフルクローンとの親和性が高いのかを検証したレポートだ。VDIでも物理PC並の利便性を実現する方法を確認していただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]