編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ホワイトペーパー

RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社 2019-09-17

今年に入りRPAはもはやブームの段階を超えて各社による本格的な活用が進んでいる。働き方改革の機運の高まりや、深刻化する人材不足を受けて、企業にとってRPAは“救世主”と言っても過言ではない。すでに先進的な企業においては、RPAのロボットは本格的なデジタル労働力(デジタルワークフォース)として変革をもたらしている。

しかし、業務の中核をRPAが担うようになればなるほど忘れてはいけないのがセキュリティの視点だ。人間のように認証情報を使用してさまざまなエンタープライズアプリケーションを自動化するRPAだけに、エンタープライズレベルの高度なセキュリティの確保もまた欠かせないのである。

本資料では、堅実な信頼性やスケーラビリティなどで定評のあるRPAソリューション「Automation Anywhere Enterprise」が備える業界最高水準のセキュリティアーキテクチャの内容を通じて、RPAに求められるエンタープライズレベルのセキュリティとはどのようなものか具体的に解説している。ぜひご一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]