編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ホワイトペーパー

クラウドサービスの氾濫に備えよ! シャドーITを可視化しリアルタイム制御できる次世代CASBが上陸

次世代CASB Bitglass(株式会社日立ソリューションズ) 2019-03-15

働き方が多様化するなかで、企業ではさまざまなクラウドサービスを組み合わせ、いつどこからでも働ける環境の整備が進んでいます。増え続けるクラウドサービスについてユーザーへ利用ルールを徹底することは難しく、こうしたサービスの氾濫はセキュリティリスクを招きやすくします。そこで登場したのがクラウドサービスを安全かつ適切に制御するサービスであるCASB(Cloud Access Security Broker)です。

CASBは、シャドーITを可視化し、クラウドサービスの利用状況を把握できるようにします。従来のCASBでは、利用状況は把握できても迅速な制御ができないといった課題がありました。現在は、それらの課題に対応した「次世代CASB」が注目を集めています。

本資料は、氾濫するクラウドサービスへの効果的な対策をコンパクトにまとめた製品紹介資料です。事例も紹介されており、CASBを正しく理解する一助にもなるはずです。ぜひダウンロードしてご覧ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]