ホワイトペーパー

データ活用の時代に必須のマスタデータ管理、見直しの成功事例--データ精度の向上&管理工数の激減

株式会社JSOL 2019年05月13日

リアルタイムに経営情報を可視化しながらビジネスを拡大しようとすれば、データの品質管理は最優先の課題であり、順調に成長している企業ほど問題を抱えやすい側面もあります。本資料は、こうしたマスタデータ管理の問題を解決した、産業ガス大手で世界で事業展開する大陽日酸の事例です。

同社では経営判断の元となるデータ品質の確保と維持に加え、ビジネス環境の変化への対応、データガバナンスの確立も重要な取り組みと捉え、マスタデータ統合基盤構築プロジェクトに取り組みました。

採用した製品はJSOLのマスタデータ管理ソリューション「Biz∫MDM」。
外部企業情報(LANDSCAPEのLBC)、Salesforceの3つのシステムと合わせ、データ連携ミドルウェア「ASTERIA Warp」での連携を実現しました。

資料ではその詳細な経緯について、担当者の言葉とともに解説しています。ぜひご一読ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]