ホワイトペーパー

最適なエンドポイント保護製品をどう選ぶ!?AV切替に向けた評価と検討方法の詳細ガイド公開

マクニカネットワークス株式会社/CrowdStrike Japan株式会社 2019年04月26日

マルウェアの高度化、難読化の傾向がより一層進んでいる。急速に進化する新型の脅威に対して、既知のマルウェア検知と防御を中心とした従来型のアンチウィルス(AV)では対応しきれない。そのためこうした新たな脅威にも効果的に対処できるソリューションを求める組織が増えている。

しかし、その選択肢はあまりにも多い。専門用語や誇大広告にも惑わされ、適切なソリューションを見つけることは以前にも増して難しくなっている。

本資料はそうした既存のAV、エンドポイント保護ソリューションの切り替えを検討する企業に向けた選定のガイドだ。意思決定までのプロセスを簡略化できるよう、切り替え計画の建て方やソリューションの評価と検討方法を提案している。評価の要素として「保護」「パフォーマンス」「タイム・ツー・バリュー」の3つを挙げ、具体的な方法を提示。また、ソリューションとして、クラウド型エンドポイント保護ソリューションのパイオニア的な製品である「CrowdStrike 」の特徴も紹介している。

多くのセキュリティ製品の採用により現場が混乱しているケースは少なくない。セキュリティ製品評価の参考にしていただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]