ホワイトペーパー

【事例】NTT東日本は、いかにして「約1万件」の商談機会を新たに創出できたのか?

ベルフェイス株式会社 2019年05月14日

売上向上やセールス職の働き方改革など、インサイドセールスを実施することのメリットには様々なものがある。しかしながら、インサイドセールス実践により「売上が上がった」という同じ結果であっても、企業によってその成功要因は異なってくる。そこを正しく分析できれば、インサイドセールスの効果を最大化できることを忘れてはならない。

このような課題に取り組み見事に成功を収めた企業の1つが、NTT東日本である。同社はベルフェイスのインサイドセールスシステムを導入し、段階的にオンライン商談を広げたことで、営業職の移動時間を大幅に削減し、約1万件もの商談機会を新たに創出することに成功している。

本資料には、同社の取り組み経緯をはじめ、インサイドセールスの実践で営業改革を成し遂げた企業の事例が収められている。貴社と同じ課題を解決したケースも存在しているはず。まずは一読してほしい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]