編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

ホワイトペーパー

中小企業こそ考えて欲しいHCIを活用した次世代インフラ構築-その理由とメリットをわかりやすく解説

ネットワールド(HCI) 2020-03-02

仮想化統合にパブリッククラウド移行、ハイブリッドクラウド化など、この数年でITインフラは大きく変化を遂げている。また近年、叫ばれているDX(デジタルトランスフォーメーション)の推進によって、従来とは異なった要件がITインフラに求められるようになっている。

まさに今は、次世代のITインフラをどのような考えの基で構築するかを試されている時と言える。このような状況の中で、大企業ほどのIT予算、IT人材を持たない中小企業は非常に難しい選択を迫られているのではないだろうか。そうした企業にこそ検討してもらいたいのが、サーバー、ストレージ、ネットワークを仮想化し、シンプルなアーキテクチャを1台の環境で実現するHCI(ハイパーコンバージドインフラ)だ。誤解されている事が多いが、HCIは決して大企業向けの製品ではない。運用管理のシンプル化や、運用工数の低減によるコストの低減、ストレージやネットワークなどレイヤー毎の専門的人材の必要性が下がるなど、むしろ中小規模の企業の方が、そのメリットは大きいとも言える。
本資料では、そうしたHCI導入のメリットをわかりやすく紹介している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]