ホワイトペーパー

これが現実解!働き方改革、BCP、自社の課題に適したAzureベースのハイブリッドクラウド構築

SB C&S株式会社(Azure) 2019年06月24日

IT投資のコストパフォーマンスの最大化を図るという点からも、ITインフラの最適化が多くの企業にとって喫緊の課題となっている。そこで一般的なアプローチとなるのが、パブリッククラウドとオンプレミスを併用したハイブリッドクラウドだ。

しかしハイブリッドクラウド化を進める際には、オンプレミスとパブリック双方の連携がスムーズにいくかどうかに注意する必要がある。そこで、“現実解”として強く推奨するのが、代表的なパブリッククラウドである「Microsoft Azure」と、自社サーバ上でAzureと同じ機能を使用可能にする「Azure Stack」との組み合わせである。

本資料では、「Azure」+「Azure Stack」という組み合わでいかに自社に最適なハイブリッドクラウドを構築するのかについて、複数の国内企業の事例を通して解説している。働き方改革やBCP対策など、それぞれの企業の目的に応じたハイブリッドクラウドの活用法を、ぜひ知っていただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]